본문 바로가기 주 메뉴 바로가기

検索

グルメ/宿泊/ショッピング

0 ヒット数: 473

南大門市場(ナンデムンシジャン)

  • 南大門市場(ナンデムンシジャン)
  • 南大門市場(ナンデムンシジャン)
  • 南大門市場(ナンデムンシジャン)
  • 南大門市場(ナンデムンシジャン)
  • 南大門市場(ナンデムンシジャン)
  • 南大門市場(ナンデムンシジャン)
  • 南大門市場(ナンデムンシジャン)
  • 南大門市場(ナンデムンシジャン)
  • 画像なし

概要

南大門市場はソウル特別市中区南倉洞に位置する韓国最大の常設総合在来市場である。他の名称として、「南門アンジャン」、「新倉アンジャン」とも呼ばれた。 「新倉(シンチャン)」という言葉は、「宣恵庁の倉庫の中に新たにできた市場」という意味である。 1921年、宋秉畯( ソン・ビョンジュン )によって朝鮮農業株式会社が設立され、正式に開場した。しかし、起源ははるかに古く、1414(太宗14)年に朝廷が南大門付近に店をつくって指定した商人に貸したことに根を置いている。 その後、1608(宣祖41)年に地方から上がってくる歲貢・稅穀などを保管して包・錢の出納を担う宣恵庁が現在の南倉洞付近にできたことで、南大門の外にあった七牌には、自然に客舎と居酒屋ができて、市場が形成された。初期の頃の市場の主な取引品目は、米穀・魚類・果物・雑貨などだったが、日本統治期だった1922年の朝鮮総督府の調査によると、南大門市場の取引額の77%は農産物、5%は水産物、その他17%であった。一方、同年の市場経営権が日本人所有の中央物産株式会社に引渡され、1936年3月に名称も中央物産市場に変わった。 統治からの解放後は、南大門商人連合会が構成されて市場の管理・運営がなされたが、間もなく朝鮮戦争が勃発して廃墟となった。ソウルが修復された後、再び露店の形の市場ができ、当時の避難者の生活の場として大きな役割を果たしたが、再び1953年に火災が発生して市場は全焼した。1954年、商人たちによってソウル南大門市場株式会社が設立され、再建が始まったが、財政難で程なく解散となり、再び南大門商人連合繁栄会が市場を管理した。 1958年に敷地約1万2,000坪、建坪約2,000坪規模の建物が建てられ、1963年の家主・土地所有者・商人が共同出資した南大門市場株式会社が再び発足した。しかし、1968年に大火で市場の中心部が全焼され、1975年にも火災が発生して、市場の一部が燃えた。 2014年基準で、南大門市場は面積約2万2,000坪、建物延べ面積約6万8,000坪、市場従事者数は約5万人で、ソウル最大の庶民市場である。露天商から現代式のデパートに至るまで、店舗数だけでも1万店で、市場には露天商も多数ある。業種も、衣類・青果・食品・雑貨などすべてを網羅している。かつては主な業種が農産物だったが、今では衣類取り扱い店舗が多数ある。特に衣類においては、全国の既製服の50%を供給するほど、国内最大のアパレル問屋街となっている。また、農水産物や畜産物など、主に生鮮食品の取り扱い商店街、別名「トッケビ市場」と呼ばれる外来品取り扱い商店街・工芸品の専門商店街・アクセサリー専門商店街などがある。

周辺情報

TOP