본문 바로가기 주 메뉴 바로가기

検索

グルメ/宿泊/ショッピング

1 ヒット数: 590

平和市場

  • 平和市場
  • 平和市場
  • 平和市場
  • 平和市場
  • 平和市場
  • 平和市場
  • 平和市場
  • 平和市場
  • 平和市場
  • 平和市場
  • 位置 ソウル特別市中区清渓川路274(乙支路6街17-48)   地図を表示
  • 連絡先 02-2275-3555
  • ホームページ http://www.pyounghwa.com/

概要

平和市場は、現在のソウル特別市東大門と東大門歴史文化公園の間に形成された韓国最大規模のアパレル専門問屋街だ。光復後、ソウルに人々が集まりながら清渓川沿いに無許可市場ができたが、これが平和市場の始まりだ。ここに韓国戦争当時、北朝鮮から来た失郷民たちが加勢し、市場の基礎ができあがった。平和市場という名称も、戦争の傷跡を経験した失郷民たちが、平和と統一を願う意味から付けたことで知られている。 元々、平和市場は1962年2月、ソウル特別市中区乙支路6街に建築された3階建てのコンクリートの建物を指す言葉だった。この建物の竣工とともに、「市場法」に基づき、市場を正式に許可することにより、はじめて平和市場は無許可というレッテルを外すことになった。最初、平和市場は9,408.3㎡の面積に730店舗が入居している3階建てのコンクリートの建物1棟を指す言葉だったが、1960年代末から清渓川7街一帯に「新平和」・「東平和」・「南平和」・「第一平和」・「運動場平和」などの各種平和市場ができ、この地域のすべての市場を網羅する名称となった。 1980年代に入り、平和市場が韓国最大規模のアパレル卸・小売市場に発展しながら、ここで作った衣類が「ソウル製」と呼ばれるほど繁栄した。しかし、1990年代から平和市場周辺にドゥータやミリオレなどから形成された東大門ファッションタウンが形成され、市場の性格が変わりつつある。最近の平和市場は、徐々に小売商圏に変化する様子を示している。現在の平和市場は約2,000店舗が営業しており、1階には主にアクセサリー店と古本屋が、2~3階には衣類問屋が入居している。

周辺情報

TOP