본문 바로가기 주 메뉴 바로가기

検索

グルメ/宿泊/ショッピング

1 ヒット数: 491

第一平和市場

  • 第一平和市場
  • 第一平和市場
  • 第一平和市場
  • 第一平和市場
  • 第一平和市場
  • 第一平和市場
  • 第一平和市場
  • 第一平和市場
  • 画像なし

概要

平和市場は清渓川周辺のバラックの集落から出発したと伝えられている。当時ここから露天商形態で衣類を製造・販売した商人の約60%が朝鮮戦争時、南方に下った北朝鮮非難民たちだったが、ミシン1〜2台で服を作って販売したという。 その後1962年に、今日の建物と同様の近代的な建物が入った。しかし、近くにはまだバラックの集落が残っていたが、ここで流入した安価な労働力を活用した、家内手工業形態の衣類製造業が零細企業を支えた。当時の劣悪な労働条件がまさに清渓衣服労働組合員であったチョン・テイルの焼身(1970年11月13日)事件を生んだ背景となった。第一平和市場は1979年にオープンした卸・小売専門のファッションモールだ。東大門市場に位置する商店街の中、昼のショッピングが活性化されている代表的な市場で、ファッションと関連付けられているすべての商品を販売しており入店した店舗が800余店以上にのぼる。全体の70%程度の店舗が婦人服を、残りの30%程度は男性服を販売する。取扱品目は、層に応じて均等に分布しているが、若者たちが好きなヤングカジュアルとフォーマルが特に多い。 建物を階別にみると、地下1階には、靴・アクセサリー・ハンドバッグ・レディースブランドスーツを販売し、1階は婦人服・紳士服・スウェット・ジャンパー・子供服・雑貨を販売する。 2階はニット・レディーススーツ・婦人服・ランジェリー等の女性の服を専門に販売して、3階はカジュアル・子供服・スカーフ・ランジェリー・救済衣類等を販売する。 営業時間は、平日の午前9時から午後5時30分までと、午後8時から翌日の午前5時までで元もと卸売市場であるため、一般消費者ではなく、小売商人を主な顧客としている。したがって衣類の小売商が夕方の時間を利用して商品を購入し、次の日、自分の店に陳列できるように夜間に営業をする。週末の土曜日は、午前9時から午後5時まで、日曜日は午後9時から翌日月曜日の午前5時まで営業し、定休日は土曜日の午後5時から翌日日曜日の夜9時までだ。
TOP