본문 바로가기 주 메뉴 바로가기

検索

グルメ/宿泊/ショッピング

2 ヒット数: 441

仁峴市場

  • 仁峴市場
  • 仁峴市場
  • 仁峴市場
  • 仁峴市場
  • 仁峴市場
  • 仁峴市場
  • 仁峴市場
  • 仁峴市場
  • 画像なし

概要

仁峴市場は、ソウル特別市中区仁峴洞2街に形成された伝統市場だ。仁峴市場は、1950年代末から60年代初めまで自然発生的に形成された市場で、50年以上の歴史がある。朝鮮時代、宣祖の第7子仁城君が住んでいた場所としても知られている。 映画の通りと印刷路地で有名な忠武路の裏路地にある仁峴市場は、現代的な都心の高層ビルの間にあり、現代と過去が共存する伝統市場だ。忠武路印刷路地は、仁峴洞と乙支路、筆洞などの3圏域にわたる印刷路地をすべて網羅する名前だ。その印刷路地の間にこじんまりと位置した路地市場が仁峴市場だ。幅2m、長さ202mの路地に110店舗が密集した仁峴市場は、明洞、南山コル韓屋村などの観光名所に隣接しており、一日の流動人口が20,000人にのぼるが、立ち遅れた環境と商人の老化で低迷を経験したこともあった。 仁峴市場は、1960年代後半に世運商店街が入って現在の姿に縮小されたが、隠れたグルメが多く、物価が安くて近くの印刷労働者や零細商人には身近な場所となった。それだけでなく、ここは日常の疲れを癒すために、都心の会社員が仕事の後によく立ち寄る場所としても有名で、「味の楽園」とも呼ばれる。最近では、在来市場の活性化と共に、手頃な価格のグルメを求める市民で、再度活気を取り戻している。

周辺情報

TOP