본문 바로가기 주 메뉴 바로가기

検索

グルメ/宿泊/ショッピング

0 ヒット数: 484

ソウル中央市場

  • ソウル中央市場
  • ソウル中央市場
  • ソウル中央市場
  • ソウル中央市場
  • ソウル中央市場
  • ソウル中央市場
  • ソウル中央市場
  • ソウル中央市場
  • ソウル中央市場
  • ソウル中央市場
  • 位置 ソウル特別市中区退溪路85キル22(黄鶴洞409)   地図を表示
  • 連絡先 서울중앙시장 상인회 02-2232-9559

概要

ソウル中央市場は1946年に「城東市場」という名前で開設した。韓国戦争直後から米穀と野菜などの集散卸売・小売市場として大きく発展し、1962年からはソウル中央市場という名前を正式に使った。一時はソウル市民の穀物消費量の80%以上が取り引きされるほど繁盛した。 中央市場の発展を基に1971年には市場の下を通る新堂地下商店街が造成されたが、1990年代に入り次第に大型百貨店とスーパーに商圏を奪われて萎縮した。特に、1997年のIMF外国為替危機以降、商人が離れて新堂地下商店街が空くなど深刻な沈滞期を体験した。 以後、中央市場は2004年を際して伝統市場現代化事業を契機に生まれ変わることになる。また、新堂地下商店街も空の店舗を改装して2009年に新堂創作アーケードを造成した。新堂創作アーケードは芸術家の集団創作村といえる。主に工芸を中心にした工房からなり、現在41の工房に作家が入居している。ここの作家は年1~2回祭りを開いて市場商人と交流もしている。 現在、中央市場の全店舗数は露店を含めて600ヶ所を超え、市場従事者が1,500人余り、年間利用客数が48万人余りに達する。市場は穀物(米穀)・反物・野菜・果物・海産物・豚の腸詰め・チヂミ・食材・法事用品など9部に分かれている。馬場洞から供給された副産物として新鮮なコプチャンを味わうことができるコプチャン焼き通りと麦ご飯通り、きしめん通りなどが特に有名である。 ソウル中央市場は伝統と現在が共存する都心の伝統市場で、まだ田舎市場の容貌が残っていて多くの人々が訪れている。
TOP