본문 바로가기 주 메뉴 바로가기

検索

観光地

0 ヒット数: 322

崇礼門

  • 崇礼門
  • 崇礼門
  • 崇礼門
  • 崇礼門
  • 画像なし
  • 画像なし
  • 画像なし
  • 位置 ソウル特別市中区世宗大路40(南大門路4街29)   地図を表示
  • 連絡先 02-779-8547~8
  • ご利用時間 [개방시간] 09:00~18:00 , ※ 6~8월은 18:30까지 개방, ※ 12~2월은 17:30까지 개방
  • 駐車場のご案内 없음
  • ホームページ

概要

崇礼門は、太祖・李成桂が1395年(太祖4年)に着工して、1398年(太祖7年)に完成させた城門で、朝鮮の首都漢陽の南側の門であることから、南大門とも呼ばれている。朝鮮で最も大きな門である崇礼門は、1447年(世宗29年)ほぼ新しく改築された後、1479年(成宗10年)の大規模補修工事を経て、現在の形態を備えている。 崇礼門は、首都漢陽の関門として、その主な機能を担っていた。崇礼門で王は使臣と臣下を迎え、また見送り、王が往来する際には、崇礼門を通して景福宮へ入って行った。また、祈晴祭や祈雨祭などの天に捧げる祭祀も崇礼門で行われ、人定や罷漏のような通行禁止制度が適応される城内外区別の境界線の意味も備えていた。 崇礼門は、中央部に虹霓門を設けた巨大な石積み基壇の上に建てられている。石積みの上には、周囲に高さ1.17mの煉瓦で造られた女墻を回して、東西両側に夾門が開かれ、建物の外側の床には板石が敷き詰められている。建物内部の下の階の床は、虹霓の上の中央間だけを格子模様の床にして、残りは土で覆われている。屋根は上下の階どちらも二軒で、軒の四隅には吐首(鬼瓦などの一種、軒の四隅に飾るようつくられた瓦)が置かれ、隅棟には様々な像や龍の頭、そして棟の両先には鷲が飾られていた。一方、崇礼門は特殊な目的を備えた城門であるため、天井を仮設する必要がなく、垂木天井で成り立っている。現存する韓国の城門建築の中で、最も規模が大きい門である。1962年12月20日に国宝第1号に指定された。 その後、崇礼門は2008年2月10日に火災が起こり、2階の門楼が焼失して、1階の門楼の一部が燃えてしまった。収拾と復旧のため各種研究が行われ、2010年2月着工式を行い、復旧作業が始められた。復旧過程において、本来のものを活かせる部分は最大限活かして、その上に燃えた部分を再現、特に日帝強占期に日本によって変形された部分を修復するのに主力を尽くした。約3年間の復旧工事の末、崇礼門は2013年5月4日に復旧記念式が行われ、一般市民に公開された。

周辺情報

TOP