본문 바로가기 주 메뉴 바로가기

検索

オススメ観光

1 ヒット数: 1226
グルメ横丁での探険

グルメ街ロード

五壮洞(オジャンドン)冷麺屋通りの刺し身入り冷麺

味にも流行があって、数々の味覚が流行り、そして消える。しかし、流行にいちいち反応せず、長年支持され、本物の元祖のプライドを守るグルメ横丁が、中区には数多くある。さあ、これから達人の味を堪能してみよう。

地図エリア

6.2km、92分
  • 1新堂洞(シンダンドン)トッポッキ通り
  • 2奨忠洞(チャンチュンドン)豚足店通り
  • 3光煕洞(クァンヒドン)中央アジア街
  • 4五壮洞冷麺屋通り
  • 5乙支路(ウルジロ)巻き貝・スケトウダラ通り
  • 6南山(ナムサン)トンカツ通り
  • 7南大門(ナムデムン)市場・タチウオの煮付け通り
맛집거리로_지도
新堂洞トッポッキ通り

新堂洞トッポッキ通り

新堂洞トッポッキ通り A
24時間営業の新堂洞トッポッキ通り B

A新堂洞トッポッキ通り

B24時間営業の新堂洞トッポッキ通り

新堂洞トッポッキ A
新堂洞トッポッキ B

A新堂洞トッポッキ

B新堂洞トッポッキ

  • 位置ソウル特別市中区新堂洞

1953年、マ・ボンリム氏が新堂洞でトッポッキを作って販売したのがトッポッキの始まりだという。最初は米粉の餅にコチュジャン(唐辛子味噌)を付けて食べるスタイルだったが、今ではゆで卵、おでん、太麺、ラーメン、チーズなどをぶち込んで煮込むので、立派な食事にも、酒の肴にもなる。新堂洞トッポッキの具はどんどん進化を遂げ、老若男女すべての人の味覚を虜にしている。

奨忠洞豚足店通り

奨忠洞豚足店通り

奨忠洞 豚足店通り A
奨忠洞 豚足店通り B

A奨忠洞 豚足店通り

B奨忠洞 豚足店通り

  • 位置ソウル特別市中区奨忠壇路 176

豚足料理発祥の地。豚足料理は平安道(ピョンアンド)出身のイ・ギョンスク氏が約50年前、故郷の豚足料理と中華料理の煮豚をアレンジして作ったという。奨忠体育館の観衆とスポーツ選手たちの間で人気を集め、味の面でも栄養価の面でも優れた料理として今も人々に愛されている。

光煕洞中央アジア街

光煕洞中央アジア街

光煕洞中央アジア街の飲食店 A
光煕洞中央アジア街の飲食店 B
光煕洞中央アジア街の飲食店 C

A光煕洞中央アジア街の飲食店

B光煕洞中央アジア街の飲食店

C光煕洞中央アジア街の飲食店

  • 位置ソウル特別市中区光煕洞1街一帯

光煕洞中央アジア街は異国の料理を味わいたい時にぴったりの場所。料理もデザートも種類に富み、珍しい香辛料や味に魅了されるはず。ここはロシア、ウズベキスタン、モンゴルなどの料理の専門店が集まっているので、現地の伝統料理を味わうことができる。周りから聞こえてくる言葉も聞き取れない外国語が多く、まるで外国へ旅行に来たような錯覚を覚える。

五壮洞冷麺屋通り

五壮洞冷麺屋通り

「五壮洞冷麺の御三家」と呼ばれるフンナムジプ、ハムフンネンミョン、シンチャンミョンオク A
「五壮洞冷麺の御三家」と呼ばれるフンナムジプ、ハムフンネンミョン、シンチャンミョンオク B
「五壮洞冷麺の御三家」と呼ばれるフンナムジプ、ハムフンネンミョン、シンチャンミョンオク C

A「五壮洞冷麺の御三家」と呼ばれるフンナムジプ、ハムフンネンミョン、シンチャンミョンオク

B「五壮洞冷麺の御三家」と呼ばれるフンナムジプ、ハムフンネンミョン、シンチャンミョンオク

C「五壮洞冷麺の御三家」と呼ばれるフンナムジプ、ハムフンネンミョン、シンチャンミョンオク

五壮洞冷麺屋通りの咸興式水冷麺と刺し身入り冷麺 A
五壮洞冷麺屋通りの咸興式水冷麺と刺し身入り冷麺 B

A五壮洞冷麺屋通りの咸興式水冷麺と刺し身入り冷麺

B五壮洞冷麺屋通りの咸興式水冷麺と刺し身入り冷麺

  • 位置ソウル特別市中区五壮洞

咸興冷麺の御三家が集まり、五壮洞冷麺屋通りが形成された。とくに、刺し身入り冷麺の人気が高く、歯ごたえのある麺としっかりした味付け、新鮮なカレイの刺身が調和して、夏だけでなく一年中愛されている。御三家はそれぞれの秘伝の味付けで60年以上の歴史があり、現在も盛業中である。

乙支路巻き貝・スケトウダラ通り

乙支路巻き貝・スケトウダラ通り

乙支路巻き貝通り  A
乙支路巻き貝通り  B
乙支路スケトウダラ通り C

A乙支路巻き貝通り

B乙支路巻き貝通り

C乙支路スケトウダラ通り

  • 位置乙支路巻き貝通り - ソウル特別市中区乙支路 3街350-1一帯
    乙支路スケトウダラ通り - ソウル特別市中区乙支路 13キル一帯

昼と夜とでは非常に異なる顔を持つ乙支路を代表するグルメ街だ。人の通りが少ない昼とは打って変わって、夜になると仕事帰りのサラリーマンたちで賑わうので、ドイツのビール祭りに因んで「韓国のオクトーバーフェスト」という異名を持つ。職場でのストレスを解消してくれる刺激的で冷たい生ビールにも、煩瑣な世事を忘れさせてくれるほろ苦い焼酎にも、とても合う巻き貝やスケトウダラが、夜遅くまで乙支路の夜を華やかに彩る。

 南山トンカツ街

南山トンカツ街

 南山トンカツ街 A
 南山トンカツ街 B

A 南山トンカツ街

B 南山トンカツ街

深夜まで営業中の南山トンカツ街 A
南山のトンカツ B

A深夜まで営業中の南山トンカツ街

B南山のトンカツ

  • 位置ソウル特別市中区小波路101一帯

昼や夜の食事時間になると多くの人で賑わう南山トンカツ街は1990年代から始まっている。トンカツの前に出される胡椒の効いたスープは、懐かしい味だ。少し甘いソースがかかっていて、さくっと揚がったトンカツはいつ食べても格別な味がする。トンカツはほとんどの庶民にとって、ナイフとフォークを使って食事をしたはじめての経験のはず。だからか、トンカツは多くの人にとって強烈な思い出となっている。南山トンカツは思い出の料理なのだ。

南大門市場 タチウオの煮付け通り

南大門市場 タチウオの煮付け通り

南大門タチウオの煮付け通り A
南大門タチウオの煮付け通り B

A南大門タチウオの煮付け通り

B南大門タチウオの煮付け通り

南大門のタチウオの煮付け. A
南大門のタチウオの煮付け. B

A南大門のタチウオの煮付け.

B南大門のタチウオの煮付け.

  • 位置ソウル特別市中区南大門市場キル16-17

韓国を代表する市場は南大門市場。その南大門市場を代表する料理といえば、タチウオの煮付けだ。1988年頃形成されたといわれる南大門タチウオの煮付け通りでは、ほとんどの店が同じメニューだが、それぞれ腕によりをかけて異なる味を出しているので、どこで食べてもがっかりしないはず。辛く味付けした柔らかく身が締まったタチウオは、いつ食べても食欲をそそる。

TOP