본문 바로가기 주 메뉴 바로가기

検索

オススメ観光

0 ヒット数: 2014
韓国の近代化への夢を実現した特化街ツアー

乙支ツアー

乙支路(ウルジロ)金型彫刻街の風景

乙支路は韓国の近代化を成し遂げた産業施設が密集する場所。照明、工具、ミシン、陶磁器質タイル、靴、金型彫刻、家具など、多様な産業分野での近代の痕跡を見ることができる。乙支路特化街の随所で宝物を探しに、解説者付きの旅に出よう。

地図エリア

2.74 km、約2時間
  • 1バス停
  • 2ソンリム手作り靴
  • 3オグバンジョム
  • 4ソウル青少年修練館
  • 5元祖緑豆
  • 6ヤンミオク
  • 7 ウルチミョンオク-ウルチタバン
  • 8ウルチタバン
  • 9トンイルジプ
  • 10アンソンジプ
  • 11照明街
  • 12工具街
  • 13ピエタフォトゾーン
  • 14ミシン街
  • 15金型彫刻街
 バス停

バス停

乙支路3街から出発 A
 陶磁器質タイル街バス停の個性的な椅子 B

A乙支路3街から出発

B 陶磁器質タイル街バス停の個性的な椅子

乙支遊覧のスタート地点は陶磁器質タイル街 A
乙支遊覧の解説者 B

A乙支遊覧のスタート地点は陶磁器質タイル街

B乙支遊覧の解説者

  • 位置ソウル特別市中区乙支路3街3番出口

乙支3街バス停、タイル工芸街から乙支ツアーは始まる。ここは約140の陶磁器質タイル店が密集する特化街だ。韓国戦争の時は、3店舗のタイル店があったが、すべて輸入品を取り扱ったという。1961年、国によってタイルの輸入が禁じられたことがきっかけで、ここで韓国のタイル製造業がはじまった。その後、内需はもちろん、海外への輸出まで行うようになり、現在は国内の陶磁器質タイルの中心と位置づけられるようになった。

ソンリム手作り靴

ソンリム手作り靴

 ソンリム手作り靴の外観 A
ソンリム手作り靴の内部 B
アルピニストのホ・ヨンホ氏が北極海探険の際に使用した靴 C

A ソンリム手作り靴の外観

Bソンリム手作り靴の内部

Cアルピニストのホ・ヨンホ氏が北極海探険の際に使用した靴

ソンリム製靴は「ソウル市未来遺産」に指定されている。建物の3階に位置し、店へと上る階段の壁を見ると、3代続く80年伝統の手作り靴の歴史を実感することができる。1950年代にはイギリスの軍靴から着想を得て韓国初の登山靴が生まれたのも、この店なのだ。広く知られるアルピニストのホ・ヨンホ隊長を始めとし、多くのアルピニストの登山靴も、ソンリム製靴のものだという。履き心地はどうか、ぜひ試してみたくなる。

オグバンジョム(五九飯店)

オグバンジョム(五九飯店)

オグバンジョムの外観 A
オグバンジョムの外観 B

Aオグバンジョムの外観

Bオグバンジョムの外観

  • 位置ソウル特別市中区水標路 60
  • 電話番号02-2267-0516

1953年に開業した、60年伝統の中華料理店。焼き餃子が特に人気メニュー。店の名前の由来については、面白い話がある。「オグバンジョム」の「オグ」は、食堂の旧住所が5-9(韓国語で五はオ、九はグと読む)番地だったから、そしてもう一つの由来はオーナーの息子さんの名前が「オグ」だから、といわれている。この由来を聞いたら、店名はけっして忘れられないだろう。

ソウル青少年修練館

ソウル青少年修練館

市立ソウル青少年修練館の外観 A

A市立ソウル青少年修練館の外観

1970年に社団法人・韓国青少年育成会の会員が募金を呼びかけて建てた韓国初の青少年修練館。建設後、ソウル市が寄付採納した。青少年であれば誰でも自由に利用できる施設。現在、進路相談、憩いの場、委託型オルタナティブ・スクールなど、青少年向けの様々なプログラムが運営されている。 ここは女性家族部が主催する韓国青少年修練施設総合評価で最優秀機関に選ばれた。青少年たちが自由な雰囲気の中で気軽に利用できる空間があることに、少し安心できる。

元祖緑豆

元祖緑豆

元祖緑豆の外観. A
 海鮮チヂミ B
 緑豆チヂミ C

A元祖緑豆の外観

B 海鮮チヂミ

C 緑豆チヂミ

  • 位置ソウル特別市中区乙支路11キル26-2
  • 電話番号02-2277-0241

遠くまで香ばしいチヂミの香りが漂う。「店がなくなる前に行っておきたい老舗の食堂」としてTVで何回も紹介された。 十五種類のチヂミは、それぞれ違う味で、美味でしかもリーズナブルな価格。「元祖緑豆」と銘打つだけあって、懐かしい味がする。今の時流に合わせてブログにも多く掲載されているが、一昔前、乙支路商圏が活発だった時代は、周辺の商い人たちが並んで食べるほどの人気店だった。

ヤンミオク

ヤンミオク

 ヤンミオクの外観 />
			<span class=A
ヤンミオクの外観 B

Aヤンミオクの外観

Bヤンミオクの外観

  • 位置ソウル特別市中区忠武路 62
  • 電話番号02-2275-8838

乙支路には老舗の食堂が多い。元大統領の行きつけの店としても広く知られるヤンミオクは、ミノとホルモン焼きの店だ。分厚いミノやホルモンが、珍しくも赤く味付けされている。他ではなかなか味わえない柔らかい食感が最高だ。新しい味覚の世界が経験できる。

ウルチミョンオク

ウルチミョンオク

ウルチミョンオクの外観 A
平壌式水冷麺とゆで豚肉(半人前) B
平壌式水冷麺とゆで豚肉(半人前) C

Aウルチミョンオクの外観

B平壌式水冷麺とゆで豚肉(半人前)

C平壌式水冷麺とゆで豚肉(半人前)

  • 位置ソウル特別市中区忠武路 14ギル2-1
  • 電話番号02-2266-7052

1985年に開業したウルチミョンオクは、平壌式冷麺の専門店で、議政府(ウィジョンブ)の「ピョンヤンミョンオク」が始まり。ミョンオクとは、麺料理の店という意味だが、昔は高級料理に属していた。殻の外側をきれいに剥いた蕎麦とデンプンを混ぜて麺をつくる。出汁は牛の胸肉と豚肉を煮込んで浮いた脂は捨てて透明なスープを使う。コクがあって、しかもすっきりとした後味が最高だ。

ウルチタバン(乙支喫茶店)

ウルチタバン(乙支喫茶店)

ウルチタバンの外観 A
 ウルチタバンの内部 B
 ウルチタバンの内部 C

Aウルチタバンの外観

B ウルチタバンの内部

C ウルチタバンの内部

  • 位置ソウル特別市中区忠武路 72-1

ウルチタバンのオーナーは何回か変わったが、50年間、同じ場所で営業を続けている。昔の思い出に耽たい旅行者に是非オススメしたいスポット。ここに入ると、古びた物や手垢にまみれた素朴な空間が、過去の思い出のどこかへ連れて行ってくれそうな気がする。玉子の黄身を浮かべたサンファタン(双和湯)を飲めば、タイムスリップの旅がより一層リアルに感じられる。

トンイルジプ

トンイルジプ

トンイルジプの外観 A

Aトンイルジプの外観

  • 位置ソウル特別市中区忠武路 68-12
  • 電話番号02-2273-0824

1969年に開業し、2代続けて40年以上営業している老舗の店。筆文字で書かれた看板が、昔を思い出させる。今はあまり目にしなくなった筆文字の看板に、旧友に偶然会ったような気分になる。世の中は変わってしまったが、変わらぬ味を守り続ける食堂の存在はありがたい。常連客も相変わらず足繁く通い、グルメ達は新しい常連となる。上質の雌の韓牛の、しかもロースだけにこだわる。昼はテンジャン(味噌)チゲとキムチチゲを出している。

アンソンジプ

アンソンジプ

アンソンジプの外観 A

Aアンソンジプの外観

  • 位置ソウル特別市中区乙支路15キル19
  • 전화번호電話番号

グルメの旅を続けていると、また何回か来てこれらの店を巡礼しようと、自然とそのような気持ちになる。次の店は1967年開業の食堂で、40年以上乙支路で営業し、カルビだけで勝負して2代続いている。市中に溢れる継ぎ接ぎの肉の味付けカルビではない、本物の豚カルビが味わえるありがたい店。一旦火を通して出してくれるので、焼くのは簡単。牡蠣や様々な野菜がぎっしりつまったポッサムキムチ、ユッケジャン、ユッケジャンきしめんも人気メニューだという。

 照明街

照明街

 照明街 A
 照明街 B

A 照明街

B 照明街

  • 位置ソウル特別市中区、ウルチロイガ~サガ駅へ行く道の両側、テリム商店街、清渓(チョンゲ)商店街

清渓(チョンゲ)、テリム商店街をはじめとする乙支路大路は、照明特化街だ。夜になると人が通らなくなるまで、照明が暗闇を照らす。現在、この一帯は約200の照明店がある。1980年代までは、全国の照明はすべて乙支路で売られたものだといわれた。その時期がこの地域の最も輝く時代だった。

ピエタ・フォトゾーン

ピエタ・フォトゾーン

映画「ピエタ」のフォトゾーンに立つ解説者 A
 ピエタフォトゾーン B

A映画「ピエタ」のフォトゾーンに立つ解説者

B ピエタフォトゾーン

  • 位置ソウル特別市中区、ウルチロサムガ駅1番出口周辺(工具街周辺)

工具街の周辺は、産業化時代の姿を保っているので、映画のロケ地として人気が高い。ここでは2012年には金基徳(キム・ギドク)監督の「ピエタ」とチェ・ジョンフン監督の「10人の泥棒たち」が、2013年にはチョ・ウィソク、キム・ビョンソ監督の「監視者たち」が撮影された。乙支路には、2012年第69回ヴェネツィア国際映画祭の最高賞の金獅子賞を受賞した金基徳監督の映画「ピエタ」を記念してフォトゾーンが最近新設された。ツアーで映画の感受性にまで触れたような、意外性に満ちた旅ができる。

工具街

工具街

工具街 A
工具街 B

A工具街

B工具街

  • 位置ソウル特別市中区、ウルチロサムガ駅1番出口

「ここでは何でも作れます。」細い路地に入ると、工具の家元といわれる場所が姿を現す。年季の入った機械が、小さい釘から生活工具、様々な金属製品などを作り出している。この周辺では、約530店の工具屋が営業しているという。

ミシン街

ミシン街

ミシン街 A
ミシン街 B

Aミシン街

Bミシン街

  • 位置ソウル特別市中区乙支路4街

この一帯は約80の裁縫の店が密集している。裁縫した製品は、衣類または建設現場で使われる物も多いという。1990年以前に定着した店舗が多く、裁縫道具の部品づくり、特殊裁縫、革の裁縫など様々な仕事が見られる。「ガラガラ、ガラガラ」と回るミシンの音を聞いていると、なぜか足取りが軽快になっていく。

金型彫刻街

金型彫刻街

金型彫刻街 A
金型彫刻街 B

A金型彫刻街

B金型彫刻街

金型彫刻街 A
「シンジン精密金型彫刻」の前で乙支遊覧の解説が行われている B

A金型彫刻街

B「シンジン精密金型彫刻」の前で乙支遊覧の解説が行われている

  • 位置ソウル特別市中区、ウルチロサムガ駅とウルチロサガ駅一帯

1960~70年代、手作業で金型を作っていたこの場所に、現在は36の金型彫刻金型の店舗がある。当時は狭い路地を歩いていると、ハンマーや金属を削る音が鳴り響いていた。ここで作られる金型があったからこそ、我々が製品を使うことができたという。コンピューターの普及とともに金型彫刻街は衰退の一途を辿っているが、今は3Dプリンターを用いた金型設計などが導入されるようになり、新しい飛躍の準備を整えているという。韓国人としてははじめて宇宙に行ったイ・ソヨン氏が2008年に宇宙船で使用した等高線の撮影装置も、金型彫刻街にある「シンジン精密金型彫刻」の製品だという。解説者がシンジン精密の社長を紹介すると、遊覧に参加した人々の間で、自然と拍手が起こった。

乙支遊覧 A
乙支遊覧 B

A乙支遊覧

B乙支遊覧

韓国戦争の時、工具商店街では軍需品が、繊維類が活況を呈していた時期はミシン商店街が、韓国戦争後の都市の再建の時期は照明や陶磁器質タイル、家具などが取り扱われた。韓国の近代化における産業の担い手だった歴史を今に伝える乙支路特化街。この路地に沿って、あの時代の情熱を思い出す旅に出よう。

tip - 金型彫刻特化街で触れる乙支芸術空間
乙支第1号~第5号 A

A乙支第1号~第5号

乙支路・山林洞(サンリムドン)において活動しているアーティストたちの創作空間。中区では空き店舗をアーティストに貸し、創作空間として活用できるよう支援している。.

乙支1号 –slow slow quick quick (スタジオ) / public show (セラミック工芸スタジオ)
乙支 2号 – キム・ソンウ_セジャゴプシル(新しい作業室)
乙支 2-1号 – R 3028 (芸術教育・芸術家グループ)
乙支 3号 – ソ・ドンホ_サンリムジョヒョン(山林造形) (デザインスタジオ) / ヨンジョムヨン_0.0 (アップサイクル硝子デザインスタジオ)
乙支 4号 – サクルファルドン(部活)(デザイン工芸スタジオ)
乙支 5号 – イ・ヒョンジ(乙支路記録館)

周辺情報

TOP