본문 바로가기 주 메뉴 바로가기

検索

オススメ観光

0 ヒット数: 1210
都心の中の自然でリラックス!鐘路区と中区を横切る10.84kmの河川

清渓川

清渓広場の夜

2005年の秋に姿を現した清渓川は、都心の中のオアシスとしてソウル市民に愛されている。長さ10.84 km、流域面積59.83㎢で、朝鮮時代には「開川」と呼ばれ、都城をきれいにする下水道の役割を果たした。

現在広通橋と正祖斑次図などをはじめ、歴史・文化的資料をもとに復元した都心の河川でアオサギ、ワスレグサなど多くの動植物が生息している。

TOP #07清渓川

  • 位置ソウル特別市中区太平路1街~城東区新踏鉄橋
  • ホームページhttp://www.sisul.or.kr/open_content/cheonggye/
  • アクセス-清渓広場基準 - -地下鉄 :1・2号線シチョン駅4番出口から466m:5号線クァンファムン駅5番出口から124m

1景:清渓広場と清渓噴水

高いビルの森の間を流れる清渓川

高いビルの森の間を流れる清渓川

清渓広場の造形物、クレス・オルデンバーグの「スプリング」

清渓広場の造形物、クレス・オルデンバーグの「スプリング」

清渓川には、見逃せない8つの秘境がある。約5.8kmの区間のあちこちに隠れているこの魅力的なスポットを知っておけば、その場所を実際に見た時により一層意味があるだろう。 第1景は、清渓川散策路の始まりであり、カワニナ造形物として知られている清渓広場だ。ここでは各種公演やフリーマーケットが開かれる。昼夜多くの人々が訪れ、目と耳を楽しませてくれる場所として市民に親しまれている。

清渓川の昼

清渓川の昼

'「幸運のコイン」希望石、投げたコインは希望奨学金として使われる。

「幸運のコイン」希望石、投げたコインは希望奨学金として使われる。

昔の清渓川は澄んだ小川と呼ばれ、人々が洗濯したり水遊びをしに集まる場所だったという。現在は洗濯はしないものの、清渓広場では展示・公演・フリーマーケットなど、様々な文化イベントが頻繁に開かれ、ここを訪れる人々の心を洗ってくれる。もちろん、子供たちはまだここで暑い夏の日に涼んだりする。

清渓広場の夜。パムトッケビナイトマーケットが開かれている。

清渓広場の夜。パムトッケビナイトマーケットが開かれている。

清渓川で涼む子供たち

清渓川で涼む子供たち

しかし、ここが常にこのように歓迎されていたわけではなかった。朝鮮時代には夏の降水量が多く、洪水が起こると家や人々が流されるなど、大きな被害をもたらした河川だった。そして太宗の時から、安全できれいにするために関心を持つようになり、誰でも訪れる現在の清渓川に至った。

色とりどりの花が彩った清渓川のグリーンサイクル庭園

色とりどりの花が彩った清渓川のグリーンサイクル庭園

色とりどりの花が彩った清渓川のグリーンサイクル庭園

色とりどりの花が彩った清渓川のグリーンサイクル庭園

水の上にも、道端にも、あちこちに飾られている花が目を引く。ユニークに花を植え、特別な庭園が作られた。ペットボトル、タイヤなどを鉢に使って壁にかけ、缶の鉢は水の上に吊り下げ空中にも庭園を作った。華やかな花は、行きかう人々の視線をとらえ、写真に撮られたりする。

景:広通橋

 清渓川の広通橋

清渓川の広通橋

広通橋から眺めた清渓川の姿

広通橋から眺めた清渓川の姿

第2景は広通橋だ。他の橋とは異なり、石に美しい模様が彫刻されているが、悲しい物語も一緒に抱いている。この石材は、太祖・李成桂が最も愛した継妃・神徳王後の墓石だったが、第一夫人の息子・李芳遠(後の太宗)が復讐心で誰でも踏みつけて行くように、広通橋の材料として使用してしまった。苦い歴史を後にして水路はさらさらと流れ、歩行者もこの橋を無関心に通り過ぎていく。

3景:正祖斑次図

 長通橋と三一橋の間にある正祖大王陵行斑次図

長通橋と三一橋の間にある正祖大王陵行斑次図

4960個のタイルで制作された「正祖大王陵行斑次図」'

4960個のタイルで制作された「正祖大王陵行斑次図」

第3景は、金弘道が描いた正祖斑次図を再現した世界最大規模の陶磁壁画だ。高さ2.4m、長さ192mのこの壁画は、手作業でセラミック磁器タイル5120枚で完成した。この図は、正祖が父の思悼世子の還暦を記念するために母の恵慶宮洪氏を迎え、京畿道・華城と父が眠る顕隆園に向かう儀典行列を描いたものだ。1779人と779頭の馬が描かれているが、長い壁画に沿って歩いていると、途中でスピーカーから力強い演奏の音、馬のひずめの音などが流れ、行列に一緒に参加しているような気がする。

4景:ファッション広場

五間水橋の下にあるファッション壁画

五間水橋の下にあるファッション壁画

清渓川復元事業で再現された五間水門

清渓川復元事業で再現された五間水門

五間水橋の水上舞台とファッション噴水

五間水橋の水上舞台とファッション噴水

第4景は、五間水橋にあるファッション広場だ。ファッション広場には美しい色味を持ったタイル壁画と噴水があり、いつも多くの人がくつろぎ、噴水やタイルの壁画をバックにした記念撮影スポットとしても人気だ。五間水橋の下にある水上舞台では、4月から10月までの第2土曜日に清渓川水上ファッションショーが開かれる。五間水門は、水門が5間、つまり5つの水門でつくられたという意味で名づけられ、東大門南城壁の下に流れる小川が都城の外にきちんと流れ出るように設置した水門である。1950年代末から始まった清渓川覆蓋工事で完全になくなったが、2003年から行われた清渓川復元事業によって、伝統的な形を生かして復元された。

5景: 昔の洗濯場

清渓川石壁で見られる昔の洗濯場

清渓川石壁で見られる昔の洗濯場

茶山橋と永渡橋の間にある現在の姿

茶山橋と永渡橋の間にある現在の姿

現在の清渓川洗濯場

現在の清渓川洗濯場

昔、女性の洗濯場だった場所が、清渓川5景だ。清渓川は、昔澄んだ小川と呼ばれ、洗濯をしに集まっては雑談をしたり、水遊びをした場所だったという。現在は洗濯や水泳は禁じられているが、人々が愛する出会いの場所として、多くの人が集まって話をしながらくつろぐ様子が見られる。

景:希望の壁

黄鶴橋と庇雨堂橋の間にある希望の壁

黄鶴橋と庇雨堂橋の間にある希望の壁

黄鶴橋と庇雨堂橋の間にある希望の壁

黄鶴橋と庇雨堂橋の間にある希望の壁

黄鶴橋と庇雨堂橋の間にある希望の壁

黄鶴橋と庇雨堂橋の間にある希望の壁

第6景は、ソウル市民の願いが集まって作られた希望の壁だ。2万個の正方形のタイルには、幼稚園児や子供から80代の高齢者まで様々な願いが込められており、一つ一つに楽しさと感動がにじみ出ている。こうして集まった希望は、ソウルの明るい希望となり、清渓川をさらに美しくしている。

7景:存置橋脚

存置橋脚とトンネル噴水

存置橋脚とトンネル噴水

存置橋脚

存置橋脚

第7景は存置橋脚だ。清渓川復元事業によって2003年に清渓高架道路は撤去されたが、開発の歴史の証拠としてこの3つの橋脚は残された。その横には噴水が設置されており、晴れた日に見える虹は、歴史の中に残された橋脚を慰めているかのようだ。

8景:柳湿地

古山子橋から見た柳湿地.

古山子橋から見た柳湿地

柳湿地

柳湿地

 柳湿地でくつろぐ市民

柳湿地でくつろぐ市民

柳湿地に生息するアオサギ

柳湿地に生息するアオサギ

柳湿地に生息するヒヨドリ

柳湿地に生息するヒヨドリ

自然の空間、柳湿地が最後の第8景。1景から7景までとは異なり、人工的ではない緑の自然が待っている。ネコヤナギやノハナショウブなど、水生植物の生息環境づくりのための湿地である柳湿地は、清渓川の最も自然に優しい場所だ。さらに、鳥類保護区域に指定されていて、ダイサギやマガモなど様々な鳥が見られるため、都心の中で自然が感じられる最上の空間だ。

清渓川8景コースと一緒に楽しめる おすすめスポット

清渓川古山子橋と無学橋の間には、清渓川の歴史が展示された清渓川博物館とバラックテーマゾーンがある。ここに立ち寄って、清渓川の歴史を一緒に見てみることをおすすめする。

清渓川バラックテーマゾーン

清渓川バラックテーマゾーン

清渓川バラックテーマゾーン

思い出の教室、軒店、漫画店、練炭店、勉強会、学生時代体験

思い出の教室、軒店、漫画店、練炭店、勉強会、学生時代体験

1960~70年代の清渓川辺のバラックを再現し、当時の庶民の哀歓と日常にスポットを当てた文化・歴史体験スポット。清渓川の歴史と文化生活を再現した歴史ギャラリーと、軒屋・漫画店・練炭店などを再現した生活体験、学生時代の制服を着てみる体験コーナーが設けられている。

  • 位置ソウル特別市城東区チョンゲチョンロ530 清渓川文化館
  • 観覧案内10:00 ~ 19:00 (休館日:毎週月曜日)

清渓川博物館

清渓川博物館

清渓川博物館

清渓川博物館に展示されている五間水門の遺物

清渓川博物館に展示されている五間水門の遺物

清渓川博物館は、過去の清渓川の姿から2003年から実施された復元工事の過程、そして現代の清渓川まで、様々な方法とテーマで展示が行われている。清渓川の歴史が込められたこの場所に立ち寄って、時間旅行をしてみよう。

  • 位置ソウル市城東区チョンゲチョンロ530 清渓川博物館
  • 電話02-2286-3410
  • ホームページhttp://cgcm.museum.seoul.kr/
  • 営業時間09:00~19:00(休館日:毎週月曜日)

周辺情報

TOP