본문 바로가기 주 메뉴 바로가기

検索

オススメ観光

0 ヒット数: 1230
都心のロマンチック・アイランド/em>

南山公園 & Nソウルタワー

Nソウルタワーと八角亭

ソウルのシンボル、Nソウルタワーは、南山公園と並ぶ観光名所であると同時に、憩いの場として人々に愛されている。南山公園はソウル市最大の公園で、南山を中心に造成されている。

奨忠(チャンチュン)地区、芸場(イェジャン)地区、会賢(フェヒョン)地区、漢南(ハンナム)地区に分けられ、散歩・公演・Nソウルタワーからの眺望などが楽しめるので、ソウルに住む人々にとって憩いの場であると同時に、色々と文化的な生活が満喫できる場所なのだ。

TOP #04南山公園 & Nソウルタワー

  • 位置南山公園:ソウル市中区三一大路 231
    Nソウルタワー:ソウル市 龍山区 南山公園ギル105 Nソウルタワー
  • ホームページ:南山公園 http://parks.seoul.go.kr/template/default.jsp?park_id=namsan
    Nソウルタワー http://www.nseoultower.com
  • バス1. 南山02循環バス:チュンムロ駅(3、4号線)2番出口から出て大韓劇場の前で乗車
    2.南山 03 循環バス:ソウル駅(1,4号線)9番出口、イテウォン駅(6号線)4番出口から乗車
    3. 南山 05 循環バス:ミョンドン駅(4号線)3番出口、チュンムロ駅2番出口から出て大韓劇場の前で乗車
  • ケーブルカーミョンドン駅(4号線)で下車して3番出口から所要時間10分
    大人(往復) 個人8,500ウォン / 子供(往復) 5,500ウォン
白凡(ペクポム)広場・漢陽都城の城郭から見たN南山タワー

白凡(ペクポム)広場・漢陽都城の城郭から見たN南山タワー

南山公園

南山公園

漢陽に遷都されて以来、南山はその美しい風景で人々に愛されてきた。一方、南山はこの国の歴史的な事件・事故を見守ってきた。強制的な日韓併合条約が締結された統監官邸や朝鮮神宮が建てられるなど、国を失うという侮辱に耐えなければならなかった。植民地からの解放後もイデオロギーの葛藤と衝突があり、軍事政権下の恐怖が蘇る場所でもある。このように波乱万丈な歴史を見守った南山は、今では南山公園となって、人々と幸せな時間を共有している。

南山循環バス

南山循環バス

南山公園遊歩道

南山公園遊歩道

南山ケーブルカー

南山ケーブルカー

南山公園はすべての人に開かれた空間で、アクセス性にも優れている。自転車、循環バス、ケーブルカーなどの交通手段を利用すれば簡単に登ることができる。遊歩道を歩いて登るのもおすすめ。登山というより、軽い散歩のような気持ちでも十分登ることができる。

白凡広場にある金九先生像

白凡広場にある金九先生像

安重根義士像

安重根義士像

 南山タワー展望台から眺望した南山コル韓屋村と千年カプセル広場

南山タワー展望台から眺望した南山コル韓屋村と千年カプセル広場

漢陽都城・南山区間

漢陽都城・南山区間

南山公園は歴史と自然が調和し、昔の記憶を留める場所だ。漢陽都城が奨忠体育館の裏から続いていて、白凡広場や安重根(アン・ジュングン)義士記念館をはじめとし、歴史的な人物の銅像や記念碑が散在する。さらに朝鮮時代、南山は祖先がその自然の美しさに魅入られ、ここで憩いの時間を過ごし、風流を嗜んだ。現在は、昔の南山コルの様子を再現した南山コル韓屋村が南山の北側に造成されている。自然に囲まれた韓屋村では朝鮮時代の両班のように自然の美しさに浸ることができるので、国内外の観光客が必ず立ち寄る観光スポットの一つだ。

八角亭で憩いの時間を過ごす人々

八角亭で憩いの時間を過ごす人々

展望デッキの愛の錠の壁

展望デッキの愛の錠の壁

展望デッキの愛の錠の壁

展望デッキの愛の錠の壁

展望デッキの造形物の前で写真撮影のポーズをとる観光客

展望デッキの造形物の前で写真撮影のポーズをとる観光客

ソウルの中心点

ソウルの中心点

南山の頂上に登ると、少し活気づいた雰囲気に包まれる。八角亭周辺のあちらこちらに座って弁当や飲み物を広げてピクニックの気分を味わう人々や、ルーフテラスの壁に錠を掛けて愛を誓うカップルなどで賑わう。ここにはソウルの中心点の標識やソウルが一望できるソウルタワーもある。

Nソウルタワーの夜景

Nソウルタワーの夜景

展望台の風景

展望台の風景

展望台の風景

展望台の風景

展望台の風景

展望台の風景

展望台から眺望するソウルの風景

展望台から眺望するソウルの風景

展望台から眺望するソウルの風景

展望台から眺望するソウルの風景

ソウルタワー展望台は南山最高の場所にあり、360度パノラマのスカイビューが楽しめる。都心の昼と夜の開放的な風景を眺めながら飲む一杯のコーヒーがまた格別だ。展望台を訪れる多くの外国人観光客は売り場ではがきと切手を買って家族や友人に手紙を書いたりもする。

南山狼煙台

南山狼煙台

Nソウルタワー展望デッキの夜景

Nソウルタワー展望デッキの夜景

Nソウルタワー展望デッキの夜景

Nソウルタワー展望デッキの夜景

白凡広場から見たNソウルタワー

白凡広場から見たNソウルタワー

南山には狼煙台がある。昔は急を要する情報を伝達するために狼煙台を用いた。南山狼煙台は全国の狼煙が最終的に伝わる中央の狼煙台だった。今では南山から狼煙で情報を伝えることはないが、代わりに南山タワーの照明の色をもってメッセージを送る。青・緑・黄色・赤の色をつかって大気汚染情報を知らせ、世界で大きな事件が起きると、そのメッセージを送ったりもする。去年はパリでテロが起きた時、フランス国旗の色である青・白・赤を点灯して追悼した。そして、毎年「世界献血者デー」には、赤でその意味を振り返る。南山公園の頂上、ソウル最高の場所から、ソウルにいる人々に様々な意味を込めて光を発しているのだ。

周辺情報

TOP