본문 바로가기 주 메뉴 바로가기

検索

オススメ観光

徒歩観光コース

徳寿宮 - 貞洞
大韓帝国時代の歴史的事件や運命を共にした遺跡などを巡りながら季節感が満喫でき、韓国の近代建築物と歴史を同時に見ることができます。
  • 徳寿宮
    詳しく見る
    徳寿宮
    徳寿宮は、朝鮮宣祖の時には貞陵洞行宮、光海君の時には慶運宮と呼ばれ、1907年に高宗の長寿を祈ると言う意味から慶運宮に「徳寿」という宮号をつけて徳寿宮となった。1963年に、史跡第124号に指定された。
  • ソウル市立美術館
    詳しく見る
    ソウル市立美術館
    ソウル市立美術館は、1988年慶熙宮領域内にあった旧ソウル高校の建物を補修してオープンし、2002年に現在の場所に移転オープンした。ここは、1928年京城裁判所の建物に新築されて以来、1995年まで大法院庁舎として使用された。
  • 貞洞第一教会
    詳しく見る
    貞洞第一教会
    貞洞第一教会は、西洋の宣教師が立てた韓国初のメソジスト教会で、近代化とプロテスタント発祥の地だ。特に1897年、19世紀の田園風ゴシック様式で建てられた教会の建物は、初期プロテスタント教会堂のモデルとなり、1977年にその歴史的・建築的価値が認められ、史跡第256号に指定された。
  • 貞洞劇場
    詳しく見る
    貞洞劇場
    貞洞劇場は、ソウル特別市中区貞洞キルに位置する芸術劇場で、韓国初の近代式劇場円覚社の復元という使命の下、1995年に建設された。貞洞劇場は、伝統芸術の発展と普及、生活の中の文化運動展開、青少年文化の育成などの明らかな志向点を持って出発した。オープン当時は国立中央劇場の分館だったが、1997年に財団法人として独立法人体制を整え、今日に至る。
  • 徳寿宮重明殿
    詳しく見る
    徳寿宮重明殿
    徳寿宮重明殿は、1901年に皇室図書館として建てられたもので、最初の名前は漱玉軒だった。以後1904年徳寿の火災で、高宗の執務室であり外国使節の接見室として使用され、重明殿に名称が変わった。1905年に乙巳条約がここで締結され、1906年皇太子(純宗)と尹妃との嘉礼がここで行われるなど、大韓帝国末期に主要な政治的事件の舞台となった。
  • 旧ロシア公使館
    詳しく見る
    旧ロシア公使館
    旧ロシア公使館は、1885年にロシアと朝鮮の国交締結後の1890年にここに建立された。1896年親ロ勢力によって高宗と世子がここに避難したことで有名な俄館播遷(移蹕駐御とも呼ばれる)の舞台にもなり、帝政ロシア崩壊後の1925年にソビエト総領事館に名称を変えて解放空間まで使用された後、1949年に共産政権が入った北韓に追放された。 1950年の韓国戦争で建物が破壊され、今では展望塔だけが残っている。
TOP