본문 바로가기 주 메뉴 바로가기

検索

オススメ観光

物語のある旅百選

  • 1 徳寿宮
    詳しく見る
    徳寿宮
    昔の名称は慶運宮でしたが1907年から徳寿宮と呼ばれるようなりました。 6万1500㎡の面積に大漢門、中和門、光明門、中和殿、浚明堂、昔御堂、石造殿、咸寧殿、即阼堂などの殿閣が残っています。
  • 2 徳寿宮美術館
    詳しく見る
    徳寿宮美術館
    日本統治地時代の1938年に美術館として建てられた石造殿西館です。1998年に国立現代美術館分館として新たにオープンし、朝鮮の古美術品、近代美術、現代美術、外国の巨匠の作品を展示してきました。
  • 3 セシル劇場
    詳しく見る
    セシル劇場
    1976年に大韓聖公会大聖堂の付属建物に開館した小劇場です。大韓民国演劇祭が1回から5回まで開催された小劇場で、1970年代の小劇場ブームの中心でした。
  • 4 慶運宮養怡齋
    詳しく見る
    慶運宮養怡齋
    大火災で焼けた慶運宮(徳寿宮)を修築する際に建てられた建物で、1905年に完成しました。大韓帝国の皇族や貴族の近代式教育を担っていた場所で、現在は大韓聖公会の主教執務室として使われています。
  • 5 大韓聖公会ソウル主教座聖堂
    詳しく見る
    大韓聖公会ソウル主教座聖堂
    大韓聖公会のソウル教区司教座聖堂は、1922年9月に工事が始まり1926年5月に1次工事を終え、1994年に第2次工事を開始して1996年に完成しました。
  • 6 聖公会聖家修道院
    詳しく見る
    聖公会聖家修道院
    大韓聖公会聖家修道院(Society of Holy Cross)は1925年9月14日に趙マルコ司教によって設立されました。朝鮮戦争で崩れましたが、1960年に大韓聖公会で修道院を新築しました。
  • 7 旧国会議事堂(ソウル特別市議会庁舎)
    詳しく見る
    旧国会議事堂(ソウル特別市議会庁舎)
    ここは1933年から1935年にかけて京城府庁(現ソウル市庁)の西側の向かいに京城府民(ソウル市民)のために建てた多目的建物です。建設当時は京城の市民会館として用いられ、解放後は米軍の社交場、国立劇場、国会議事堂、世宗文化会館別館を経て現在はソウル特別市議会が使っています。
  • 8 韓国金融史博物館
    詳しく見る
    韓国金融史博物館
    韓国金融機関博物館は、現在、新韓銀行に合併された朝興銀行が1997年に韓国の金融の歴史に対する全体的な理解を助ける目的で開設した韓国初の金融史専門の博物館です。
  • 9 救世軍中央会館
    詳しく見る
    救世軍中央会館
    救世軍中央会館は救世軍の士官養成と宣教活動、社会事業の拠点として使用するために1928年に竣工されました。
TOP